通販でワインを買ったら知っておきたい!!【家庭でのワインの保存方法】

ワインを購入して最初に困るのは保存方法ではないでしょうか。
TVや雑誌ではよくワインセラーに大切に保管されている様子が写されていますよね!
しかし、ワインセラーなんて設置してますか・・・?

一般家庭でワインセラーなんて持ってるところはほとんどないですよね。
そこで今回は家庭でもできるワインの保存方法について書き連ねていきたいと思います!
ワインは「開封前」と「開封後」で最適な保存方法が変わってくるので、それぞれ分けて説明していきます。

開封前のワインの保存方法

未開封のワインの最適な保存条件は、下記の5点!

  • 「15℃前後であること」
  • 「光の当たらない場所であること」
  • 「高湿度であること」
  • 「強い振動がないこと」
  • 「強いにおいの物が近くにないこと」

この条件を全て満たしてくれるのがワインセラーなわけですが、これに近い環境を考えてあげればいいわけですね。
まずは光から守るために新聞紙でワインを包んであげます。
(乾燥を防ぐためにコルク部分にはラップを巻いておくと最適)

冷蔵庫の野菜室は室温も高めなので、野菜室で保管しましょう!
野菜室での保存が難しい場合は、日光が当たらずできるだけ涼しい所に保存すると良いですよ。

開封後のワインの保存方法

開封後のワインはそのまま常温で保存してしまうと、味や風味の劣化が早くなってしまいます。
そこで、コルクを閉めた後は冷蔵庫で保存するようにしましょう!

それでも酸化は進んでしまうため、1週間以内に飲みきってしまう事をオススメします。
もう少し味を持たせたい場合は、真空容器に詰め替えたり、真空ポンプ等を使って空気を抜いてあげる事で酸化を遅らせるという荒業も・・・
こだわりのある人は是非試してみて下さい!

Follow me!