MENU
みなさんはワインと聞いて思い浮かべる情景は何かありますか?
私は、小洒落たレストランで赤ワインを片手に、濃厚な肉料理を最高のマリアージュで美味しく頂く・・・。
そのような情景を思い浮かべます。まさに至福の時間ですね(笑)
いまやワインの通販サイトもワインソムリエの資格を持った人が運営していたりと、ワインは非常に多くの人々を魅了してきました。私もその一人です。
ここでは、そんなワインの魅力をより沢山の人にわかってもらいたい・・・っ!
ということで、ワインの魅力について簡潔に3点まとめてみました。

【ワインの魅力その1】産地や年代によって味が全然違う!

そうなんです!
実は同じ赤ワインでも「渋み」「酸味」「香り」「甘さ」等が全然違うのです。
それらは発酵させる「ぶどうの品種」や「産地」、「その年の日照時間」等によって大きく変わってくるのですが、渋みが強い物もあれば、さっぱりして飲みやすい物もある・・・
挙げるとキリがありませんね!

非常に沢山の種類があるからこそ、自分の口に合う最高の一杯を探し出す・・・
そのような楽しみ方ができるのです!
(裏を返せば口に合わないワインもそれだけ多いという事になるわけですが 笑 )

【ワインの魅力その2】ワインに合った食べ物を選ぶ楽しさがある!!

「ワインと料理のマリアージュ」という言葉があるように、ワインに合った食べ物を選ぶことでワインの美味しさを何倍にも引き上げてくれます!
ワインだけでなく、食べ物もより美味しく頂けるようになる、という事もポイントですね。

例えば、肉料理には熟成された赤ワインが合う・・・と聞いた事がありませんか?
実はこれには理由があって、「お肉の脂が赤ワインの渋みを中和」+「赤ワインの渋みでお肉を食べても喉越しスッキリ」・・・と相乗効果で高めあっているわけです!
このように、より美味しく頂ける組み合わせを考えるだけでもワクワクしてきませんか?

【ワインの魅力その3】ワインを飲むグラスにもこだわれる!!!

ある程度ワインに慣れてくるとわかるのですが、実は同じワインでも飲むグラスによって味が変わってしまいます。
不思議な話ですが、グラスによって渋みを強く感じたり、弱く感じたりするのです!
(仕組みは説明すると長くなるので省きますが)
そのような奥深さを感じる点も、ワインの大きな魅力の一つでしょう。

自分の口に合った最高のワインに合わせる最高の料理、そして最高のグラスの組み合わせ・・・
それらは間違いなく日々のディナーに楽しみを与えてくれるでしょう!